2005年12月07日

ラストエントリ!

いよいよ新しいブログへ移ります。
→ http://tsukigage.seesaa.net/

これからもよろしくお願いします。  

Posted by p-5796189 at 23:12Comments(86)TrackBack(0)

2005年12月01日

実に炯眼なサイトの紹介とブログ引越し予告

「きっこの日記」(→リンク)で早くから名前が挙がっていた内河健の存在がようやく大手メディアにも出てきた!真相を闇に葬らないためには,イーホームズの社長と姉歯建築士を保護しなきゃいけません。でないとホントに殺されちゃうよ。

 ちなみにこの「きっこの日記」の分析はなかなかに鋭い。週刊誌ネタをくっつけたなという印象をもつエントリも時々ありますが,なかなかに問題の本質を良く捉えているので,毎日更新を楽しみにしているサイトの一つです。
 この耐震偽造問題のほかにも,狂牛病とアメリカ産牛肉について詳しく書かれたエントリ(→リンク)はBSE問題ウォッチャーの僕も見落としているような話もあって,しかも上手にまとめられているのでぜひ一読をお勧めします。



 さて,突然話は変わりますが,このブログのリニューアルを考えています。
 理由はいろいろありますが,一番大きな理由は「読書日記」になっていないという現状です(笑)。看板に偽りありではまずいので早く換えないといけないなと。

 そもそも去年の9月にこのブログを始めたときは読書三昧な毎日だったので,余裕で更新できるやんと思ってたのですが,本業が忙しくなり,仏大のレポートとか試験も忙しくなり,果ては読書から得られる情報の鮮度がネット情報に劣るという現実に直面し(あたりまえですが)活字を読むウェイトがどうしても紙からネットの方に偏ってきてからは,ほとんど読書日記をつけていない状況です。もちろんネット情報には真贋見極めるには時間のかかる情報も多々ありますから,情報の確度という意味では書籍から得られる情報の方が勝っていることは否めません。ですから前よりはペースは落ちていますが,読書をしていないわけでもありません。

 そこでリニューアルするにしても思い出さないといけないのは,このブログを立ち上げようと思ったときの目的です。これが達成されていれば次のステップに進んでもいいかなと。
 ブログを立ち上げようと思ったのは,手当たり次第に本を読み散らかしていた過去を反省して,著者の主張や本書を書こうとした動機,内容に対する僕の考えなどを書き残して,より深い読書ができるようにと考えたからでした。これは「驚くほど」とは言えないまでも大きな効果を実感できました。
 自分の言葉で感想を残し,ブログという誰もがアクセスできる形,つまり自分が書くことに責任を持たねばならないという緊張感をもつことは,それだけで自己鍛練になり,自分自身で考えて言葉に直すことで自分の思想体系を整理するわけですから自分の思想の「核」というか「軸」ができました。アクセスカウンタを見れば毎日3桁と言わないまでもそれぐらいの人たちに見ていただいていることも励みになって,文章の組立を考えて構成にも気を配るようになりました。1年続けるとそれなりのスキルが身に付いたと思います。漫然とした読書ではこんなことは望めませんでした。

 ブログならではのトラックバックやコメントをさまざまな人からいただき,そのサイトを通じて新たなブログやサイトに巡り会ったりして,のんべんだらりと読み散らかして自分だけの狭い世界に閉じこもっていた当時の自己満足型読書に比べると大きな広がりがもたらされ,自分が考えてもいなかったぐらいの多角的な議論に触れることもできたのは大きな収穫でした。これだけでも当初の目的は達成したかなと思います。

 これらのプラス面とは逆に「読書日記」がプレッシャーになって,読書を"しなければならない"状態ができてしまって読書が楽しくなくなるという経験もしました。本を読むのが本業ではないので,人間やっぱり適度が大事なんだなと反省せざるを得ません。読書日記というスタイルはいつの間にか僕を読書から遠ざけることになっていたのです。楽しいから趣味なわけで,苦しいのであれば続きません(本業なら苦しくてもやりがいがあって続くのですが)。だから,これを良い機会ととらえてブログのスタイルを変えようと決断しました。

 今までのログはしばらく残すとして,他のブログに乗り換えるか,自分で契約しているサーバーでMovableTypeをインストールしてそれをカスタマイズするか,まあ後者は時間的な余裕がないので無理でしょうけど,どうせならガラッと雰囲気を変えたいと思っています。
 とはいえどのブログサービスにしようか,まだ決めかねています。僕が運営するもう一つのブログ「Macと外為の小部屋」(→リンク)はseesaaブログですが,いくら無料だとはいえ同じものでやっても面白くない。今のライブドアでseesaaと同じようにいくつもブログを作ることができるのなら,今までのを置いたままで新しく作ろうかと思うのですが,どうやらできないようですし。何がいいかなあ。しばらくいろいろ試してみようかな。

 ちなみに「Macと外為」ブログはこれまでどおりの運用です。話題は題名のとおり。Mac関連か,FX(外貨証拠金取引)の話題で軽いノリで続けます。FXに関しては僕の投資見通しが当たるのか外れるのか,自分だけでこっそりやってもつまらないので公表を続けたいと思っています。特に今年大きく円安が進んだ(僕にとっては大きく儲けた)後の展開として来年はどんな利益を上げれるのか,いやいや損失を出してしまうのか,そういったところも自分だけの話にせずにできるだけオープンにしたいと思っています。

 新しいブログの設定が済み次第,リンクを張ったエントリを設ける予定です。もうしばらく時間ください。  
Posted by p-5796189 at 18:53Comments(2)TrackBack(0)

2005年11月15日

外為ブログ更新

 あっちのブログ(→ リンク)を更新。新型PowerBookG4のレビューです。  
Posted by p-5796189 at 23:19Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月27日

外為ブログを更新しました あとはプロレスネタを少々

 仏大のレポート提出に向けて猛勉強中のため,手を抜くことが多くなってしまいました。もうすぐで来月提出分が完了するので,しばらくヘタレなエントリを続けますがご了承下さい。

→ 外為ブログを更新。先週のディール報告(取引業者全ての合計)。

 あとはどうでもいいネタ。

(Oct/19/05 ポリス・ジャパンより引用開始)
【新日本プロレス、11月に会社更生法か】
 先日のフロック・レスナーを呼んだ東京ドームは入場者3万7千人と発表されたが実は有料入場者6千人だったことがポリス・ジャパンの調べで分かった。
 新日本の経営危機は深刻で、現在、フロントのトップが資金調達をしているが、時間的に余裕がない。11月末に手形がかなりの額、回ってくるというのだ。
 「夏のGIの時からの未払いがあって、1億8千万円の手形が回ってくるんです。未だその手当てはできていません。こんなことは前代未聞です。あの猪木さんのアイントン・ハイセル時代以来です。先日、幹部が対策会議をしたんですが会社更生法を適用するか、倒産して別会社をつくるか、まで話し合われたようです」
 新日本プロレス、かなりの重症だ。
(引用終了)

 プロレスで黒字なのは三沢のNOAHだけ。そのNOAHも他団体交流戦を続けないと黒字継続は難しいでしょう。今度の三沢vs天龍では超満員が期待されるでしょうけど。  
Posted by p-5796189 at 20:36Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月17日

(お知らせ)当ブログお休みのときは外為ブログを更新しています(本文なし)

こっちはお休み。
外為FX取引のトレード日誌をあっちのブログにアップしました。
当ブログがお休みの時は,大概あっちのブログを更新しています。  
Posted by p-5796189 at 23:26Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月14日

「外為の小部屋」ブログを更新しました 記事なし

あっちのブログを更新しました。こっちはお休み。

  
Posted by p-5796189 at 23:40Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月18日

仏道修行に入りますので更新一時ストップのお知らせ

 明日から10日間,京都のお寺で修業を受けてきます。パソコンはおろか携帯電話や新聞・雑誌の持ち込み禁止の10日間です。私自身,娑婆世界との接触を一切断って10日も過ごすのは初めての体験ですが,良い機会だとしてしばらく心の修練に励みたいと思います。なんせ,ここ数ヶ月は自分自身も積極的に首突っ込んで娑婆の澱んだ空気を吸いまくってきましたから,穢れを落としてこようかなと。髪の毛もバッサリ(っていうかバリカン)してきましたし,いままさに身も心もボーズになろうとしているところです。この修業を受けないと住職になれないので仕方がないという一面はありますが,まあいいじゃないか。これも大事な機転でしょう。

 ま,帰ったら帰ったで元の生活・感覚に戻ってくるとは思いますがね。郵政民営化の選挙はどうなっていくのか?米国産牛肉のBSE関連ニューズは?為替の動向は?(すぐに対処できないリスクを考えてポジションは縮小していきます)。今はこんないろいろな事をすっぱり忘れて,すっかり膿を出して聖者の生活に入ります。

 というわけでブログの更新は一時ストップします。娑婆に復帰して感覚が戻ってくれば更新再開しますので,ちょっと充電時間をください。過去記事に対するコメントやトラックバックは,すぐに対応することは物理的に不可能ですが,帰り次第きっちり対応させていただきますので,これまでどおり歓迎いたします。  
Posted by p-5796189 at 22:20Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月22日

政治家を目指す友人がブログを始めました

 まず,政治家を目指す友人がブログを開設したようなのでトラックバックを送っておこう。リンクはこちら。政治の道は険しいと思いますが,いろんな書物を読んで,いろんな人たちと語り合って,ときには一人で考えを尽くしてがんばっていただきたいです。遠い関西からですが応援しています!

 今日は飲み会のため真面目な話はパス。山形で世話になった先輩がやってきて,これまた山形で一緒に仕事をした後輩(彼は今月大阪支店に転勤になった)と,またまた山形で臨時職員として一緒に働いていた女性と,2年前に電撃的な退職をして現在神戸に在住している坊主見習いの私が一同に会しました。これってものすごい確率です。

 山形の現状の話は彼らから聞かなくてもかの地にスパイを放っているので,ある程度は知っている話が多かったのですが,それにしても後輩の成長ぶりには驚きました。僕の後釜を十分に立派に務めてくれたようで大変うれしい限りです。彼とはこれからもちょくちょく飲みに行こう。

 明日は元切り下げで僕の外貨ポジションがどうなったかなどについて書こうかな。ま,明日にならないとわかりませんが,今日はこれぐらいでご勘弁を。  
Posted by p-5796189 at 23:51Comments(0)TrackBack(1)

2005年05月24日

今週は突然鹿児島に来ています。更新中止ね。

昨日の晩から鹿児島に来ています。そのため今週は更新中止します。
旅先でも情報は絶えずチェックしていますが,お酒飲んでばっかりでとても更新できる状態ではありません(鹿児島は僕の第二の故郷なもんで知合いだらけですので)。週末にまたお会いしましょう。  
Posted by p-5796189 at 23:55Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月13日

紙媒体がいつも正しいとは限らない

 最近はどうもまとまった時間がとれず,思うように読書が進みません。「読書日記」のはずが,1週間に2冊ぐらいしか読めない。そのかわりというのも変ですが,毎日チェックしているサイトは30を超えてしまって,全部巡回するのに1時間半ぐらいかかっています。たぶん活字にしたら1冊分ぐらいは読んでいる計算です。ま,そんなところで言い訳しても仕方がないのですが,やっぱりネット言論というのは即時性というかリアルタイムなところがすごく良くて,こういう内容が本になって書店に並ぶ頃には,「そんな情報古いよ」みたいなことになってしまいます。現にそうなっていることがほとんどで,ちょっと目を引くタイトルの本を見かけて手に取ってみたら,情報が古いのとタブーを避けたもどかしいぐらいのいいまわしを目にして,別にお金払ってまで読もうという本ではないなあということが増えてきました。

 とはいえネット言論も信頼できるサイトは少なく,ただの罵詈雑言サイトや2ちゃんねるのような匿名で言いたい放題(責任なし)の怪情報乱発サイトが山のように存在するようでは,一概にネット言論の方が優れているとは言いにくい状況です。まだまだネット言論なんて世間の認知度や影響度で測れば新聞やテレビには勝てずに,いつも偏見の目にさらされているような印象を受けます。個人的にはこの評価は遅かれ早かれ変わってくるものだとは思っていますが,とはいってもこれからも紙媒体のメディアは無くならないでしょう。いくら液晶が目に悪くないとはいっても,紙の方が落ち着いて読めますから。ま,当面は「紙媒体だから信頼できる」という幻想が次々と打ち壊されていく様を横目で見ておきますかね。

 書き残しておきたいことはたくさんあるのですが,頭が回らないとこういう雑多な書き物しかできなくなります。これが現状の僕の限界だということでもあります。プールで泳いで眠たいところを我慢してエントリしているという言い訳もできますが,限界は限界ってことで。また明日からしっかりやります(って今週の初めにも書いたような・・・)。  
Posted by p-5796189 at 23:17Comments(0)TrackBack(0)