2005年11月11日

アメリカの住宅ローンは金利融資タイプが増加だって 日本のいつか来た道

 今日はちょっとだけ専門的な話。FX取引のドルポジションの話にも絡んできます。

(Nov/05/05 NIKKEI NETより引用開始)
【米住宅ローン、高リスク傾斜一段と】
 資産価格の上昇を当て込んでリスクの大きな種類の住宅ローンを利用する家庭が米国で増えている。将来、住宅を高値で売って返済したり、値上がりした時点で借り換えたりすることを想定して、当初の返済負担を小さくした住宅ローンで、米抵当金融協会によると、この種類が今年上半期の新規契約に占める比率は23%となり、昨年下半期の17%から上昇した。
 この住宅ローンは「金利オンリー融資」と呼ばれる。元本部分の返済を数年先とし、当初は利払いだけにしている。価格高騰で手が届きにくい物件もこの住宅ローンを使えば入手しやすくなる利点がある。ただ一定期間が経過すると返済が急激に増えるため、資産価格が期待通りに上昇しないと、焦げ付く可能性が大きくなる。
(引用終了)

 いよいよアメリカ経済の行方を本気で心配しなければいけない時期になってきたと判断して良いと思います。日本の不動産バブルが歩んだ道のりをそのまま歩んでいるかのようです。中国のバブルがはじけるのが先か,アメリカが先か微妙な情勢になってきましたね。

 上記のようなニューズがあって,さらにここのところアメリカの貿易赤字が過去最高を記録だとか,ドルにとって悪いニューズばかり出ているのにもかかわらず,ドルの下落は一時的でむしろ上昇しているのが気にかかります。はっきり言ってファンダメンタルズ無視のドル強気は不可解としか言い様がなかったのですが,いろいろ調べると原因がはっきりしてきました。

【依然続くドル高の裏にはこんな法律の影響が】
 詳しくはこのリンクコラムを読んでください。ドル強気の意味が理解できると思います。要するに駆け込み寺的なドル買いが世界中で起こっているというわけ。これは逆に言うと,来年からはファンダメンタルズに従った,つまりドル弱気の相場形成がなされるのではないかということ。だからユーロの回復を信じる人たちが仕込むべきユーロロングポジションは今がチャンスなのかもしれないということ。

 ただしこれぐらいのことは一般の投資家も考えることでしょうから,ユーロの行方も実際はどうなるかわかりません。フランスの暴動とかドイツの政局混乱とか,ユーロが越えていくべきハードルは依然として高いものがあると思われるからです。少なくとも僕はまだユーロを投資の中心にはできません。円の下落基調も続いているのでEUR/JPYロングを仕込むにしてもうま味が小さいし(何といっても金利が2%台ではスワップもおいしくない),かといってEUR/USDロングはスワップ支払いになるので長期保有はしたくない。まだまだユーロに手を出すのは早いかなあと思っています。
【仏内相また「社会のくず」発言 強硬姿勢変えず】

 おっと,ドルの話でした。僕もドルロングポジションをいくらか持っていますが,今年中には解消したほうがいいかもなあと思っています。どこまで上昇するのかはわかりませんが,下落を始めて117円を切るようなことがあればそこで利益確定しようと思っています(取得単価は平均で115円台です)。詳しくは →外為ブログ

 こういういろいろと爆弾を抱えた国の通貨を持ちすぎるのは怖いですね。だから最近はオセアニアとかGBP/CHFとかEUR/GBPに注目していまして,徐々にこのペアのポジションを高めていこうかなと思っています。・・・FXの話ばっかりやな。すみません。

 アメリカやばいんじゃね?というニューズは何もこれだけではありません。富の象徴というかアメリカの代名詞であったGMの凋落こそ,全てを物語っていると言えます。

(Nov/10/05 Bloombergより引用開始)
【米GM株は下落も4-6月期の赤字拡大、当初発表の4倍に】
 自動車メーカー最大 手の米ゼネラル・モーターズ(GM)は9日、 今年第2四半期(4ー6月)の赤字額が10億7000万ドルと、当初発表の4倍 近くだったことを明らかにした。また、会計処理の誤りのため、2001年の決算 を修正する計画も示した。
 同社が米証券取引委員会(SEC)に提出した変更後の報告書によると、 第2四半期の赤字幅の変更は、GMが保有していた富士重工業株20.1%の価値 を57%過大に評価していたためだという。また、別の届出書によると、2001年 の利益は最大で4億ドル過大に申告されていた。
(略)
 GMの損益は四半期連続で赤字となり、過去13年で最長の赤字経営が続い ている。同社は10月に、年金や退職者給付、納入業者との取引の会計処理につ いて情報提供を求める召喚状を、SECから受け取ったことを明らかにしてい た。
(略)
 決算の修正について明らかになったのは9日の米国株式市場の通常取引終 了後だった。GM株は9日、前日比1.23ドル(4.8%)安の24.63ドルで終了 した。
(引用終了)

 見方を変えれば悪質な虚偽報告です。西武の堤会長は株主の構成を虚偽報告しただけでぶち込まれたのに,決算粉飾した会社はおとがめなしってのが現実なんですかね。時価評価なんてあっという間にできる富士重工業の株価をどうやったら57%も過大評価できるってんですかね。

 ま,僕としてはアメリカ経済がどうなろうと知らんですけどね。日本の虎の子資金を奪うことばっかり考えている毛唐達が滅びようと知ったこっちゃないですよ。日本も釣られて不況になる?当たり前でしょ。ブッシュマンセーでこの数年間やってきたんだから。宗主国様は属国を切り捨てるのは早いので,案外アメリカよりも日本が先にダメになっちゃったりしてね。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/p-5796189/50202525
この記事へのコメント
いい文章ですね。ただちょっと、文字が小さいかも
Posted by ぼこす at 2005年11月11日 21:54