2005年11月10日

にわか金持ちに狙いを絞った金融機関の戦略にまんまとはまるカモネギ達の群れ

 今日NHKのクローズアップ現代で,銀行の「変額年金保険」販売の問題についてやっていました。80歳のおばあちゃんに年金を売りつけるというとんでもない銀行の事例などが紹介されていて,あらためて銀行の「お客様第一主義」がいかに偽善に満ちたものかということが明らかになっていました。といっても,今日のエントリは銀行を非難するのが目的ではありません。銀行はじめ金融リテール業界はどこもかしこも金持ち,特に今日の内容としては「にわか金持ち」に的を絞った販売戦略をたてているようで,それについてちょっと見ていきたいと思います。

 多くの日本人は預貯金以外の金融商品の知識をもっていません。それでも欲につられて銀行など販売側の誘導戦略に乗ってしまって,リスクの所在さえ理解できない複雑な商品を買わされてしまう人がいかに多いことか。今日のクローズアップ現代に出てきた被害者達は氷山の一角でしょう。でも厳しいことを書いておきます。騙される方も悪い。

 銀行にもノルマはあるでしょうし,言った言わないのもめ事が嫌なもんだから,だいたいどこの銀行も「リスクの説明をしっかり受けて私はちゃんと理解しました」みたいな書類にハンコを押させます。銀行は銀行でキツイ内部検査が怖いもんだから,その手の書類はきっちりそろえています。だからその書類を出されたら最早文句を言ってもしかたがない。ハンコついているんだから。こう言っちゃなんですが,自己責任です。たとえ年寄りのおばあちゃんだろうと。

 逆に,銀行側からリスクの説明を受けていなかったことが発覚したとして仮に儲かっていたとしよう。銀行がリスクの説明をしなかった(販売に問題があった)から儲けを返します,なんていう投資家はいますか?儲かってるから,その時リスクの説明受けたことにしておいてよ,って考える投資家がほとんどでしょう。だとしたら,損したときだけ騒ぐのは不公平です。それが「自己責任」という言葉の真実です。

 その自己責任という言葉を噛み締めて,これから来るであろう,あまりに無防備な団塊の世代の退職者候補(にわか金持ち候補)を狙った金融商品の氾濫という事実を的確に見据えてください。しばらく前のニューズになりますが,紹介します。

(Sep/06/05 ブルームバーグより引用開始)
【野村、1090万人の「団塊の世代」を標的−退職金の受け皿で投信を強化 】
※引用者が要点を箇条書きにしています。

  • 野村ホールディングスが約1090万人にのぼる、いわゆる「団塊の世代」に的を絞った戦略の強化に乗り出した。今後、数年で受け取る退職金が総額で80兆円にのぼるといわれる団塊の世代を新たな投資家層として取り込む狙い。
  • 柴田社長「退職金・年金もしっかりもらえる彼らは資金的な余裕が大きい。そのお金をスーパーマーケットではなく、資本市場に投入することを大いに期待している」
  • 日本では個人金融資産の55%を現金・預貯金が占めているが、今後、資本市場に対する意識の高まりなどで証券投資に回る余地が大きいとみている。米国の個人金融資産では現金・預貯金の比率が13%の一方で、証券投資は54%と高い。
  • (主要ファンドの一つについて)野村側は運用資産残高に対して年間で1.155%の信託報酬を手にすることができるほか、銀行などに販売額の2.1%が手数料として入る。
  • 野村では、エコノミスト、営業員、ファンドマネージャーら10人で構成する「団塊の世代プロジェクトチーム」の会合を毎週火曜日に開き、1人当たりの平均で1180万円の退職金(一時金)と、1140万円の年金を手にするこの世代をどのように取り込むべきか戦略を話し合っている。
  • 製造業やサービス業も例外ではない。トヨタ自動車は北米市場で高級車ブランドとして定着した「レクサス」を逆輸入し、日本国内でも8月末から販売を開始した。狙いは富裕層に加え、団塊の世代である。
(引用終了)

 80兆円の潜在力がある市場だと聞けば指をくわえてぼーっとしている金融機関はないでしょう。おこぼれに預かろうと必死です。金融機関の狙いは客が儲けるかどうかではなくて,4点目に書いてあるとおり信託報酬や手数料収入がかなり厚いというところにありますから。
 でもちょっと考えればこのファンドでしたら信託報酬に手数料足したら3.255%なわけで,仮に退職金全額をそれで運用したら相当な額が金融機関にもっていかれることになるのです。運用利回り4%を目指すなんて息巻いたことをパンフレットに書いていたとしても,3.255%があらかじめ引かれますからね。実質何%で回ることになるのか(さらにそこから税金が引かれるんですよ)そこんとこちゃんと分かって投資する人ばっかりだったらいいんですけど,たぶんクローズアップ現代のおばあちゃんみたいに,人が良くて騙されやすい人ばっかりじゃないのかなあと今から心配になります。

 日本人は投資には向いていないんですよ。おそらく。でも騙されても騙されても次々とカモが現れる。銀行はそういう事実を知っていてさらに利益を分捕ろうとする。変額年金保険にしても販売手数料が1%銀行に入るらしいですからね。フィーが1%も抜けるなんておいしすぎますよ。僕は退職金運用を野村とかに任せた結果,増えて手元に残った資金は「なぜだか」わずかだった,みたいな結末を迎えることを今から予想しておきます。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/p-5796189/50200896